Structure of project implementation

事業は、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任助教・AVPN東アジア統括の伊藤健が事務局となり、アジア各国の研究者と連携することで実施される。これら研究者のグループは、2016年度にシンポジウムを含む合計4回のミーティングを持ち、各国の状況についての調査結果を共有、その構造的課題について比較検討を行う研究会を実施する。

 

各国におけるパートナーとなる研究機関の候補は以下の通りである。

日本:慶應義塾大学 SFC研究所

韓国:希望製作所

中国:北京大学 公民社会研究中心

タイ:タマサート大学

シンガポール:シンガポールマネジメント大学 Lien Center for Social Innovation / Asian Venture Philanthropy Network (AVPN)

 

本研究事業は、トヨタ財団がメイン・スポンサーとなり、その他に1-2の助成財団が協賛することで推進される。追加の助成については2015年10月から2016年3月までの間にNational Volunteer and Philanthropy Centre (NVPC) Singapore, Shell Foundation, BMW, Ford Foundation等を候補として働きかけを行う。